インターン体験記

【台湾】自分の夢を後押ししてくれたインターン

台湾DOまるち1

受け入れ先紹介
 私がインターンシップを行った研修先は台湾の小学校でした。台湾では英語教育が進んでいますが、私が担当した小学生は2・3年生で、わずかに英語が話せる程度でした。小学生は次第に懐いてくれるようになり、英語科の先生方には優しく接していただきました。身内を大切にする文化のある台湾では、ホームステイ先の家族はもちろん、近所の方々とも触れ合い、仲良く接してくれる方が多かったです。しかし、英語課以外の先生方は、身内と思ってくれないのか、担任ですら授業に関わってくれない時もありました。そのため、最終的には先生も巻き込んだ異文化交流を成し遂げたいと思うようになりました。

今回のインターンシップの目標
・子供たちに外国人との接点を持てる機会を与える
・子供たちが世界へ羽ばたける人材となるきっかけとなる

1週目 他の先生の授業の見学。そのほか、施設の説明などを受け、授業への準備を進めた。
2週目 授業が始まる。自己紹介・日本についての簡単なクイズ・日本の歌をみんなで歌うといった内容を行った。子供たちを楽しませようと授業内容を模索するのは楽しかった。
3週目 折り紙を教えた。子供たちの満足した顔を見れてうれしかった。
4週目 日本のお正月・子供の日・女の子の日について教えた。みんなで福 笑いをして遊んだ。
5~6週目 日本の学校を教える。日本の給食の塗り絵、台湾の給食の絵を描い てもらう。 貼り絵で日本のものを作る(桜、富士山、着物、こいのぼり、日本 と台湾の国旗など) 最後に先生を巻き込んだ授業ができてよかった。

台湾DOまるち2

私が小学校で授業を進める中で一つの問題が起きました。それは教師との関係です。子供たちはものめずらしさもあり外国人である私にもなついてくれえることが多かったのですが、先生の中には英語をしゃべれない方も多く、そのような人は私とあまりコミュニケーションをとろうとはしてくれませんでした。原因を仲のよい教師に聞いてみると英語をしゃべれない先生は接し方に困っている、また、日本文化の授業というものに共感していない先生もいるとのことでした。どうすればよいかと考え、些細なことですが、まずは自分から元気よく挨拶をすることから始めました。また、話す際にはゆっくりとした英語でしゃべる等の工夫もしました。そして最後の授業では後ろで見ているだけだった担任の先生も巻き込み貼り絵を行いました。生徒だけでなく先生とも一緒に形に残るものを作れて良かったと思います。形に残るので私のことを覚えていてくれる気がしたからです。インターンの中で先生にも影響を与えられたのは大きな成果だったと思います。帰国前には多くの先生に「きてくれてありがとう!」「帰ってほしくない」といわれたことは忘れられない思い出です。

台湾DOまるち3

現在、世界には生活環境や教育環境によって当たり前のように生じてしまう外国人に対する差別や偏見があります。私はこのインターンの目標を子供たちにとって世界を身近に感じてもらうと定めました。子供たちが成長したときに外国人に対して偏見を持たず、抵抗なく接し、世界へ羽ばたいていけるようにという願いからです。結果、授業を通して子供たちにその種まきはできたのではないかと考えます。また、帰国してから行った日本の高校での授業では、高校生に海外への興味を持たせられる授業ができたと思います。小さくても世界に影響を与えられたインターンは自分にとって大きな経験となりました。また、影響を与えるだけでなく自分にとっても得るものは多くありました。いままで一人で海外へいった経験のない私が6週間教師として働いたということは自分に大きな自信を与えてくれました。これは私にとって大きな成長です。海外で働きたいという私の夢を実現させるために大きな後押しとなる経験でした。異文化の地で自分の夢をより具体化するという成長ができ、海外に自分の力で影響を与える経験ができたインターンシップでした。

2014-04-08 | Posted in インターン体験記No Comments » 

相談

プレエントリー