よくある質問

question&answer


_

参加費用はどれくらいですか。
インターンシップ参加費は50,000円です。インターンシップ先決定後にお支払いいただきます。また、現地への渡航費等その他経費はご自身でご負担いただきます。

インターンシップの期間に制限はありますか。
6週間(約1ヶ月半)から78週間(約1年半)で選択することが出来ますが、受け入れ先企業/NGOの要望もありますので、両者で調整が必要になります。

国や地域は自分で調べるのですか。
自分で選べますが、希望国や地域を狭くすると選択肢が少なくなりますので、その分インターンシップ先が見つかる可能性も低くなってしまいます。欧米やオセアニアなど英語圏は人気が高く、選考が厳しくなっています。

途中でインターンシップ期間の延長は可能ですか。
VISAの関係上、ほぼ不可能です。

インターン先の企業に就職は可能ですか。
アイセックのインターンシップは就職は前提としていません。ご了承ください。

現地での待遇はどういったものですか。
インターンシップ先の企業にもよりますが、多くの場合、初任給程度の給料と住居が提供されます。住居に関してはホームステイなどの場合もあります。事前にご希望をお伝えください。なお、NGOでのインターンシップの場合は基本的に給料が出ない場合がほとんどになります。

アパートに滞在する場合は費用を請求されますか。
企業側から提供される場合は、企業側が負担してくれる場合がほとんどになります。しかし、そうでない場合もありますので、お手数をおかけしますが、事前に必ずご確認ください。

インターンシップ中は大学はどうすればよいですか。
中長期の参加であれば、休学をされる場合がほとんどです。休学届けはご自身で大学側へ提出ください。なお、2ヶ月などの短期の場合は、夏休みなどの長期休みを利用すれば休学せずに参加することが出来ます。

インターン先は日系企業が多いのでしょうか。
日系企業の場合もありますが、一般的には現地企業となります。

インターン先として多いのはどの地域でしょうか。
インターンシップ生の受け入れを希望している企業は欧米・アジア地域が特に多いのですが、日本人の受け入れを希望する企業/NGOはアジアが多くなります。

テクノロジー関連のインターンに参加したいのですが、専門的な技術が必要になりますか
インターンシップの内容にもよるのですが、一般的にはJAVAやC++などのプログラミング言語が出来ることが望まれます。

専門的なスキルを持っていない学部生でもビジネスインターンシップに参加できますか。
はい。過去に送り出した学生の方も特に学部によって多い少ないはありません。経営関係の単位を持っていなくても受け入れていただける企業はたくさんあります。

どういった職種のインターンシップが多いですか。
現在多いのはマーケティング関連です。最近は発展途上国のNGOでの開発関連のインターンシップも多くなってきています。

どのようにインターン先を探すのですか
世界中の受け入れ希望企業/NGOがインターンシップ生に要求する条件が投入されているオンラインのデータベースシステムがあり、それを用いて皆様の履修科目、語学力、希望地域、期間などの条件と照らし合わせ一致する企業/NGOを探し出し、皆様に選んでいただくことになります。

卒業してからでも参加できますか。
卒業から2年以内に契約を締結できれば問題ありません。出来るだけ余裕を持ってお申し込みください。

どの程度の語学力が必要になりますか。
英語は必須です。TOEIC730点もしくはTOEFL(IBT)80点, TOEFL(PBT)550点以上の語学スコアを所持していることを選考条件として定めています。(オンラインのプレエントリーはスコアがなくても行うことができます。)場合によってはより高い語学力を求められることもあります。その他の語学に関しましては、受け入れ企業/NGOによって異なりますので、個別にご確認いただくことになります。

College TOEIC、TOEFL-ITPのスコアは有効ですか
主催が団体の場合のみ有効となります。

年齢制限はありますか
申し訳ありませんが、30歳未満の方に限らせていただきます。

適性検査はどのようなものですか
各分野で活躍されている専門家や教授などによる面接と、アイセックメンバーによる面接を受けていただきます。アイセックへの理解度、社会問題への意識、インターンシップへの意欲、コミュニケーション能力などが選考の際の基準になります。

英語以外の語学力はどのように判定されるのですか
皆様が大学で取得した単位や、語学検定等により判断させて頂きます。

参加予定時期のどれくらい前に応募する必要がありますか?
参加者の希望にもよりますが、インターンシップ先の選定作業や準備には 時間がかかるため、余裕を持って半年前にはお申し込みください。特に締め切りは設けておりませんが、参加者が定員に達した場合は順次 締め切らせていただきますので、少なくとも三ヶ月前にはご応募ください。

語学力と保有スキルではどちらが優先されますか
インターンシップの内容にもよりますが、基本的には語学力のほうが優先されることが多いです。ただし、情報技術系のインターンシップの場合、技術が非常に重要視されます。


_

相談

プレエントリー